2006年05月21日

2006年5月13日:私の場合。

2006年5月13日。


この日は、T.M.Revolutionにとって、
今までで一番キラキラした、大切な一日。



5月13日、早朝7時。天気は小雨。
私は新横浜駅にいた。
そう、1人大阪へ向かうために。
現地で前日の深夜バスで東京を発った友人と落ち合う予定。

9時19分。新大阪着。
別にコノ時間じゃなくても良かったんだけど、
これが空いてたんで・・・縁起がいいとばかりに食いつきました(笑)
少々新大阪で迷うも、予定到着時間に無事にUSJに到着。

まずは、ラジオの公開録音!
友達は既に公録の人だかりの中だったので、そこで合流!
usj2.jpg
公開録音が始まる14時までの約4時間をそこで何をするでもなく(というか何も出来ない・苦笑)
MBSラジオを聞きつつ過ごす。

14時。貴教登場!!
気付いたら私の後ろには黒山の人だかり!あそこには何人くらいいたのでしょう?
私は2列目。
ま、ちょいちょい目合ったけどね?爆
20分間のラジオの公録はあっという間に過ぎましたが、
すんげぇ可愛かった&好ポジションで、貴教の・・・顎のラインが・・・鼻血
(放送は5月26日です。詳細はturbo−webまで。)

ラジオが終わったら、今度はパレード!!
15時40分からの予定。少しでも雨が弱くなってくれることを祈りながら、
軽食をほうばりつつ、私達はETの前で待ち。
そして15時40分。
パーク内に西川君の声が響き渡り、オープンカーに乗った貴教が登場!!
両方にウッド(男の子と女の子・笑)を従えて、

あぁ、可愛い!!!!

目の前を通り過ぎる貴教・・・なんつう笑顔・・・(T^T*)悦


しかしこの後、事件が起きた。
貴教が通り過ぎた後、ウチラは警備スタッフの後ろからちょこちょこついてった。
屋根の下に入る手前で横に外れて歩道上へ。
オープンカーと併走するような形で歩く。
屋根の中に入ったと思ったら、オープンカーの様子がオカシイ。

人に囲まれて、動けない。

そのときに見た車上の貴教の顔が、今でも頭から離れない。
「さっきの笑顔はどこへ?」
あんな顔、初めてみた。
一瞬にして私の表情もこわばってしまった。

そんな状態になっちゃったから、もうそこにはいれなくなって、
私達は人だかりと屋根の下を抜けて、パレードの後半のルートの方へ。
でも、オープンカーは「やっと」と言わんばかりに、ルートを逸れ・・・。

その後は記者会見の予定だったけど、
『荒天のため』ということで、一般非公開で別室にて行われた。


私もなんだかもうどうにもやり切れない気持ちになっちゃって、
「あの」貴教の顔が、夢にも出てきそうなほど焼きついてた。
手元に残った「貴教の笑顔」を見て、気を紛らわせようとするけど、
それも一瞬の救いにしかならず。
東京にいる友達からは、「ネットに出た情報」が届いたり、
私達もそれを携帯で調べたり・・・。

もうウンザリってなったので、
なんか発散できるアトラクションばっかり乗ってた(笑)
『SPIDERMAN』は前回来た時にはまだ乗れなかったので、
勿論コレを最初に。ちょっとスッキリ。
ARENAAct10での撮影に使ってた場所をウロウロしながら、
『JURASSIC PARK』へ。(いや〜コワかった・笑)

ちょっと小腹が空いたので、というか休みたかったので、
『PINK Cafe』へ。
usj4.jpg
勿論店内は西川ファンでごった返してた(笑)
そしてここでも、大宮のプレミアムリブロインよろしく
『マグカップ』と『パフェ』が飛ぶように売れてた(笑)
usj3.jpg
pinkmag.jpg

・・・かく言う自分たちも同じ行動でしたが・・・

店内の西川ファンたちも、なんだかソワソワしてた。
お預けをくらったような記者会見の発表内容。
それが気になって、皆携帯片手に妄想を膨らませたりしてたね。笑

Cafeを出た後、私達は1時間くらいお土産を物色して、
7時前にはUSJを後にした。
その頃には、なんとなく気持ちに決着がついてた。


『悲しいこともあったけど、来てよかった。』 


もし東京にいたら。
きっと私はパソコンを相手に、色んな人の書き込みを見ながら、
勝手な妄想や物思いにふけっていただろう。

だけど、私はUSJにいた。
現場でその空気と実態を目の当たりにしてた。
『T.M.Revolution10周年』のその場にいたんだ。
その違いは大きい。

『二度とない5月13日だから』と言う思いで、
大阪行きを決意したわけだけど、
この思いは、大阪へ行ったことは、少しも無駄じゃなかったと。
あの瞬間、あの場所にいたことが大切な意味を持つ。
当日は色々ありすぎて、体も気持ちもボロボロだったから
考える余裕がなかったけど、
今はそう思える。



10周年。
通過点であり、終着点ではない。
これは10周年を迎える前から西川君が言っていた事。
「この先の5年なり10年を皆で迎えていくための、通過点。」

T.M.Revolutionは、プロジェクトである。
西川君と、私達ファンが作る、一つのエンターテイメント。

10周年を迎えたT.M.Revolutionは、
この先、10年やってきたという大きな自信と誇りを持って、
ますます輝いていく。輝いていける。

より多くの人たちにT.M.Revolutionを伝えるために、
私も1人のファンとして、その努力は惜しみませんよ。
あんなことがあったからこそ、これからの1年をステキなものにするんだ。
あの場所で、1つの決意ができた。


最後に改めて。

ぴかぴか(新しい)10周年おめでとう。ぴかぴか(新しい)
posted by ミズキ at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | T.M.Revolution | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでと!(^^)
私はまだ心に不安が残ってるけど、
だからこそ次からまた新しい一歩を踏みださきゃいけないよね!
大きな意味のある一日でした。
良い日でも、悪い日でもなくて。
これから先、良い日にするために頑張っていこう☆
Posted by R at 2006年05月22日 00:10
R>
私も不安だらけよ、正直言うとね…
でもそう、まさにあなたの言う通り、
一歩出さないと、この1年を作っていけないなっていう…

ある意味開き直り?(笑)


それと、こんな相方だけど、まだまだヨロシクね(≧ε≦)
Posted by ミズキ at 2006年05月22日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。